用途が豊富な紙袋の印刷

オシャレなバックや使い捨てのごみ袋など様々な用途で使用できる紙袋ですが、企業やイベントでクオリティの高い紙袋が利用者に配布されることも多くなりました。理由として企業のPRが簡単に行える点です。利用者が持ち歩くだけで宣伝になりますし、中にはマニアックで物珍しいデザインが施された物も存在します。
印刷されているのは、漫画やゲームのキャラクターや企業のロゴなどで、一工夫をすれば街を歩いてもファッション性などの利便性がある紙袋が増えていますね。もちろんシンプルにワンポイントだけ印刷された物もあり、使い捨てとして制作された紙袋でも印刷が凝っている場合が多いのです。豊富なデザインの印刷によって新たな用途が生まれる紙袋ですが、最近ではコレクターも存在し、イベントに頻繁に足を運ぶ方もいます。紙袋の印刷が多方面から良い影響を与えていることが分かるでしょう。捨てるのが勿体ない商品も登場し、その多くはハイクオリティの印刷がされた物ですね。
現在では法人以外でも個人の同人活動で自分で描いたイラストを業者に依頼して印刷できるので、多くの方が紙袋を利用しています。誰で容易に制作できる点や、配布して喜ばれる優秀なアイテムでもありますね。

オーダーメイドでオリジナルの紙袋

正方形の紙袋がほしい。そんな風に思ったことはないですか?普段何気なく使っている紙袋ですが、正方形ってあまり見かけませんよね?ケーキを買ったら正方形の紙袋かな。だけど大きすぎたり小さすぎたり。そんな時オーダーメイドの紙袋がお勧めです。形やサイズはもちろん、プリントも自分好みに仕上げてくれます。
素材も豊富で未晒クラフト、晒クラフト、片艶晒クラフト、コート紙等様々な種類があります。未晒クラフトを使うと、茶色い紙の事で薬品などで白く染めていないので、ナチュラルな風合いを持つ紙袋が出来上がります。晒クラフトを使うと白地になりますが、表面なめらかで印刷しやすいため、全体の色を自由に変える事が出来ます。デパートの手提げ袋もこの紙を使っている物が多いです。片艶晒クラフトは、晒クラフトの表面を艶加工しているのでより高級感がある紙袋になり、ブランド品のショッピングバッグなどに使われています。
コート紙は、一言でいえばツルツルとしていて、艶のある紙です。一般的にはカレンダーやポスター等に使われますが、鮮やかに印刷できるのでお気に入りの写真を袋に印刷したい時等おすすめです。この他にも素材はたくさんありますし、形もデザインも自由に作れ、様々な提案をしてくれるので、自分だけのオリジナル紙袋が出来ます。

PICK UP

News

2018/01/30
多数のイベントで求められる紙袋を更新致しました。
2018/01/30
紙袋製作はリーズナブルにを更新致しました。
2018/01/30
イベントで使用されるオーダーメイド紙袋を更新致しました。
2018/01/30
自由度が高いデザインから製作を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加