紙袋の印刷にはこんな種類があります

紙袋を業者に依頼する時、印刷方法には幾つかの種類があります。印刷業者で主流となっているのは、オフセット印刷やフレキソ印刷でそれぞれに違いがあります。オフセット印刷は、インクをローラーに移し紙に乗せる方法で、インクの施し方が非常に細かいので、繊細なデザインが可能というメリットがあります。また、オフセット印刷は点での印刷方法になるので、点の密度を増やすと濃さの違いなどが表現出来ます。
基本ベースとなる色を組み合わせると、表現できる色の幅が広がる為、写真などハイイラストのプリントを紙袋にするには、オフセット印刷が適しています。フレキソ印刷は、版による印刷方法でオフセット印刷のような細かい表現は難しい点があります。この印刷方法は、大量生産に向いているので、大抵の業者は少ない枚数の受注は行っていません。
大量生産に向いているフレキソ印刷は、コストが抑えられるメリットがあり、印刷する紙の材質に色々対応出来る為、段ボールのような物にも印刷が可能です。紙袋の枚数やプリントしたい内容などによって、印刷方法は変わり業者によって価格にも違いがあります。無料相談をしてくれる業者もあるので、ネットのサイトなどを利用して情報を集めて、無料相談を利用しながら色々な業者と比較するのも良い選び方です。

安いオーダーメイドの紙袋

オーダーメイドの紙袋がオススメな理由として、まずそのお値段が結構安いという点が挙げられます。オーダーメイドの紙袋は最少100~500枚から注文可能なところが多く見られますが、お値段が100円そこそこで作れるデザインが豊富であり、他の企業などと差をつける際にはピッタリなツールといえるでしょう。オーダーメイドの紙袋はテンプレートのデザインから選択するものもあれば、完全に自分で一からデザインをできるというパターンのものなど色々とあります。
百貨店などでカラフルな紙袋を取り扱っていますが、オーダーメイドなら「どこのお店で貰ったの?」と思わず聞いてしまいそうなスタイリッシュなデザインが豊富に取り揃っています。お時間も、シンプルなものであったり、スタンダードなデザインであれば1週間ほどで仕上がるものも多数あります。プレゼントを入れるのにもピッタリなカラフルな仕様はフォトジェニックな印象で、多くの方の記憶にも残るのではないでしょうか。
イベントやプレゼントにピッタリな紙袋は、貰う人も嬉しくなってしまいそうなものが良いですね。今はショッパーも女子高生から若い女性まで、多くの方に再利用されています。ワンランク上のサービスとして、是非活用してみましょう。

PICK UP

News

2018/01/30
多数のイベントで求められる紙袋を更新致しました。
2018/01/30
紙袋製作はリーズナブルにを更新致しました。
2018/01/30
イベントで使用されるオーダーメイド紙袋を更新致しました。
2018/01/30
自由度が高いデザインから製作を更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加